妊活に欠かせない葉酸を摂ろう。

葉酸は、ホウレン草等の緑黄色野菜に多く含まれている栄養素で、赤血球の形成をサポートする作用があります。
また、妊娠初期に形成される神経管に閉鎖障害が起きるリスクを軽減する等、赤ちゃんの正常な発育に寄与する作用があることから妊娠を計画している女性や、妊娠中の女性は通常時の2倍の摂取量を厚生労働省では推奨しています。

 

つまり、葉酸は妊活では必要不可欠な栄養素ということになりますが、通常時の2倍の量を食品から摂取するのは簡単ではありません。
例えば、ホウレン草であれば200グラム前後が必要となるのですが、これだけの量を摂り続けると尿路結石になる確率が高くなります。しかも、熱に弱いという性質を持っているので、生に近い状態で食べなければなりません。

 

このために、栄養素を効率的に補給するために開発されているサプリメントの利用が適当となります。妊活葉酸様に開発されている多数の商品が提供されており、希望に合わせて選択する事が可能な状況です。
なお、これらの商品には、葉酸以外にもビタミンやミネラル、カルシウムといった妊娠中に不足しがちな栄養素を配合しているものもあるので、トータルで健康をサポートする効果を期待できます。